Amazonプライムビデオで『スクライド』が配信開始!無料期間もあるから是非見て!!

どうも、お坊さん大道芸人のとっしゃん(@tossyan753)です。

先日dTVが凄いみたいな記事を書きましたが、最近のAmazonプライムビデオも凄いっすね!

サンライズの作品がかなり追加されたみたいで、なんと今回は僕の人生で1番好きなアニメと言っても過言ではない『スクライド』が配信開始されています!

↑スクライドがAmazonプライムビデオで配信開始です!!(画像クリックでAmazonへ飛びます)

いやこれ、ほんといいアニメなんですよ!

男と男の戦いですよ!!

僕の中ではエヴァンゲリオンより面白いです!!

だけど知っている人が少なくて、あんまり話題にならないのよね…。

これは記事にして語っておかねばならん!

魂に火がつくアニメなので絶対に見るんだ!

いや、見ろ!!(命令)

※この記事の画像は全てAmazonプライムビデオ『スクライド』より引用しています。

スクライドとは

スクライドとは、2001年に放送していた熱血能力アクションモノのアニメです。

熱血アニメと書きましたが、本当に凄まじく熱血です!

「アルター能力」と呼ばれる超能力みたいなものを使い戦っていくんですが、みんな自分の信念があって、その信念に真っ直ぐに生きていく様が絡み合って、めっちゃ面白いんですよ!

設定はちょっとややこしいのでwikipediaから。

21世紀初頭の近未来(本編開始より22年前)、神奈川県の一部で突如、横浜を中心に自然現象ではあり得ないほどの原因不明エネルギーを放出して大規模な隆起が発生し、半径約20kmから30km・高さ240メートル以上にも及ぶ「ロストグラウンド」と呼ばれる大地が誕生した。首都圏全域の機能が失われ、政治・経済も長期に渡る停滞を続けることになった。5年後、余力ができ復興した日本政府や国連からの援助によりロストグラウンドは復興するも、復興した市街の住人と崩壊地区の住人「インナー」という特殊な二層社会が形成される。
大隆起現象から8年(5.1chDVD-BOX付属ブックレットでは18年)後、ロストグラウンドは日本においての完全独立自治領連(むらじ)経済特別区域と認定される。その背景には、ロストグラウンド生まれの約2%の新生児に「アルター能力」という特殊能力を持つ者達が現れ始めたということがある。彼らは「アルター使い」や「ネイティブアルター」と呼ばれ、その中でも特に暴力や略奪を行う一部は「アルター犯罪者」と呼ばれるようになった。これに対して本土側はロストグラウンドにおける武装警察機関「HOLD」内に、アルター能力者による部隊「HOLY」を設立し、これに対応した。そんな中、ロストグラウンドの崩壊地区で生まれ育ったアルター使い・カズマは、HOLYに所属するアルター使い・劉鳳と出会う。

Wikipedia「スクライド」ストーリーより引用

というわけで長い文章で意味わからないと思いますが、設定はアニメを見ればスラスラ入ってくるので今分からなくても大丈夫です!

 

スクライドはダブル主人公のアニメ

スクライドはダブル主人公のアニメなんです。

メイン主人公のカズマは、無法者で喧嘩っぱやく、荒っぽい性格です。

自分でやったことの始末は自分でつけたいタイプの人間なんですが、仲間想いの一面もあります。

カズマのアルター能力「シェルブリッド」は拳を強化する打撃型。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-02-23-42-15

↑主人公カズマ。腕についているのがアルター能力の「シェルブリッド」です。

そんなカズマのライバルが、一人の主人公の劉鳳(りゅうほう)です。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-02-23-42-42

↑もう一人の主人公の劉鳳(りゅうほう)

無法者のカズマたちを捕まえる警察のような組織に属している人間で、カズマとは対象的なキャラクターとして描かれています。

しかし、劉鳳もまた自分の信念に一途で、実はカズマとは似たもの同士なんですよね。

そんな彼らが敵対し、そして時には共闘する。

そんな2人の主人公の物語なのです!

ではそんなスクライドの何が良いのか!

思いつく限りあげていきます!!

 

オープニングの歌がいい!

まずはオープニングの歌「Reckless fire」がとてもいい!

歌詞が中二病全開です!!

カラオケでめっちゃ歌ってたわ〜。

スクライドは全26話なんてすが、オープニングがカズマオープニングと劉鳳オープニングと2人オープニングの3種類あるんですよ。

で、その都度歌が1番の歌詞だったり2番の歌詞だったり3番の歌詞だったりするんです。

この演出がくっそかっこ良いよね!

一挙配信だからって歌を飛ばすんじゃないぞ!!

 

次回予告がいい!

スクライドは次回予告もいいんですよ!これも一挙配信やからって飛ばしたらあかん。

若本ボイスが読み上げる詩のような次回予告は思わずモノマネをしたくなるレベル。

ちょっとネタ的なのもあります。

4話の予告とか好きですね。

「大きいもの、硬いもの、雄々しいもの。

それは立浪ジョージのビッグマグナムである。

立浪の弾丸と、カズマの拳の衝突と衝撃が、ロストグラウンドを、大きく震わす。

2人、男の太さを競う!」

第4話「ビッグ・マグナム」予告

これを5時半のアニメで言ってましたからね笑

一番良いのはやっぱり12話の「君島邦彦」ですね!

 バカな男と吐き捨てて、クズな男と揶揄される。
無宿な生き方否定され、道化は笑いに包まれた。
しかし見よ。
あれを見よ。
あれがカズマだ、君島だ。
そのクズ、そのバカ、他にはいない。

第12話「君島邦彦」次回予告より

次回予告も好きすぎて、これだけでも何回でも見れてしまうレベル。

ちなみにこの12話はスクライド中盤のクライマックスですよ!!

一緒に行こうぜ!君島ぁ!!

 

アクションがいい!

あまりアニメのアクションは興味がないのですが、スクライドは真似をしたくなるアクションがいいんですよね。

カズマの拳の握りしめ方とか、カズマのくるくる周りながら滑るシーンとか!

カズマばっかりですが、主人公の動きがとてもかっこいいのです!!

ちなみにカズマの拳の握り方は今でもたまにやってます。

 

ストレイト・クーガー兄貴がいい!

カズマの兄貴分として登場するストレイト・クーガーというキャラクターがいるのですが、この人がまたいい味を出しているんです!

アニメには兄貴キャラと分類されるキャラクターがいますが、ストレイト・クーガーはキングオブ兄貴の称号を与えてもいいぐらい素晴らしい兄貴です!

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-02-23-42-32

↑ストレイト・クーガー。めっちゃカッコイイ兄貴です。

「速さ」にこだわり、普段はおちゃらけていて3枚目なんですが、決めるところはバシッと決める男なんですよね!

もうめっちゃカッコいい!!

「お前に足りないものは、それは!情熱・思想・理念・頭脳・気品・優雅さ・勤勉さ!そしてなによりもー!!

速さが足りない!!」

 

セリフ回しがいい!

スクライドはセリフ回しもいいんですよ!

なんというか、クドイというか、芝居がかっているんですよ!

劉鳳とかほんとに難しい言葉いっぱい使いますからね。

日常で使いようがないセリフ回しがいっぱいです!

だがそれがいい!!

「なぁ、そう思うだろ!?アンタも!!」

 

最終話がとてもいい!

スクライドはとても綺麗に終わっている作品で、本当に最終話のためにこれまでの話はあったのか!ってレベル。

翌日は友達とあの最終回はめっちゃよかったという話だけで昼休みが終わりましたね!

白黒からだんだん色がついていくOP&特別な歌。

そして維持と維持のぶつかり合い!

この最終話が鬼のようにアツイのです!

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-02-23-42-51

↑最後まで見れば、この拳の意味がわかります。

ほんとに見た後しばらくジーンとして動けなくなるぞ!!

 

まとめ

この『スクライド』はマジで人生で4回見直したアニメです。

放送当時もほぼ毎週見ていましたが、レンタルで見て、大学生で1回、社会人になって1回。

そしてAmazonプライムビデオでもう1回見ます!

ほぼ全話ダウンロードしちゃったよ!!

Amazonプライムビデオは1ヶ月の無料期間もありますので、『スクライド』だけでも是非見て下さい!

超オススメのアニメです!

合ってるでしょ?

この記事が気に入ったら是非シェアしてください!