同じ大きさの窓を素早く探すボードゲーム「窓ふき職人」。5歳から遊べます。

どうも、お坊さん大道芸人のとっしゃん(@tossyan753)です。

子供と一緒に遊べるボードゲームを集めているんですが、またいい感じのをゲットしました。

今回ご紹介するボードゲームは、アミーゴ社より発売されている「窓ふき職人」というゲームです。

対象年齢5歳以上で、2〜6人で遊べます。

 

内容物とゲームの準備

まずは内容物をご紹介します。

プレイヤー用のコマが6個

6人まで遊べるので、一緒に遊ぶ人数分だけ用意します。

使わないコマはしまっておきます。

↑プレイヤーコマ。6色あります。

次に窓タイルが6枚。

↑窓タイルが6枚あります。

それぞれのタイルに5〜6枚、四角の中に色々な絵が描かれてあります。

全部で35枠あります。

この窓と同数の白い窓カードが35枚あるので、それも用意しましょう。

↑窓カード。全部で35枚あります。白い面を上側にして置きます。

タイルを並べて、それぞれがコマを1個持てば準備完了です。

 

ルールは簡単!「ここだ!」と思うところにコマを置くだけ

このゲームは5歳から遊べるので、ルールはとても簡単です。

まず、お題の窓カードを山札の1番下、または真ん中ぐらいから1枚出します。

↑お題となる窓カードを1枚出します。

左の白いカードがお題のカードになるんですが、四角が描かれていますよね。

これと全く同じ大きさの窓が1つだけあるので、それを素早く見付けます。

そして、「これだ!」と思うところに自分のコマを置くんです。

↑「これだ!」と思うところに自分のコマを置きます。

ただ、これは早いもの勝ちのルールなので、同じ窓にはコマを2つまでしか置くことができません。(2人で遊ぶ場合は1つの窓にどちらかのコマしか置けない)

↑1つの窓には2つまでしかコマを置けません。

みんなが自分のコマを置き終わったら、正解発表。

お題のカードをひっくり返します。

↑ひっくり返すと正解の窓が分かる。この場合いもむしの窓が正解です。

これで、正解していればお題の窓カードを貰い、1ポイント。

2人正解者がいる場合は、お題のカードと、山札から1枚取って、それぞれに1枚ずつ配ります。

これを繰り返し、山札のカードが無くなるか、残り1枚になったらゲーム終了です。

 

やってみると意外と分からない

このゲームは簡単に言うと同じ大きさの四角を見つけるだけのゲームなんです。

ほんとに子供でも分かる簡単なルールなんでちょっと舐めてたんですが、実際にやってみると意外と同じ大きさって分からないですね。

ややこしいサイズ感の窓が並んでいるので、2択までは絞れるけどどっちか分からん!みたいな場面がよく出てきます。

多人数プレイだと同じ窓に2つまでしかコマを置けないというルールがうまく効いてて、早く見つけようと焦って違う窓に置いてしまうんですよね。

 

子供と遊んだ感想

対象年齢5歳以上という事ですが、本当に5歳から遊べます。

もしかしたら4歳ちょっとでも大丈夫かもしれません。

同じ大きさの四角を探すだけの簡単なルールなので、5歳の子は大人が少しアシストをしてあげれば遊べていました。

小学生からは大人とも対等に遊べるようになります。

小学生低学年の子供とその親とやってみた回もありましたが、大人でも「あれ、違った!」が結構あっていい勝負になっていましたよ。

 

まとめ

今回は「窓ふき職人」というゲームの紹介でした。

6人まで遊べるので、子供が集まるホームパーティーなんかでは1つあるといいかもしれないですね。

お値段もそんなに高くないので、ボドゲ入門としてもオススメです。

この記事が気に入ったら是非シェアしてください!