紙を使わずドリップコーヒーが飲めるペーパーレスドリッパーを買ってみました!

どうも、お坊さん大道芸人のとっしゃん(@tossyan753)です。

最近は毎日のようにコーヒーを飲んでいるんですが、ありがちなのがドリップペーパーがなくなる事ですよね。

僕はズボラなので、紙が無くなりつつあるのは気付いてたのですが、予備は買ってなかったですよね。

やっぱり紙がないとコーヒーが飲めないので、紙を買いにいったんですよ。

そしたらなんとペーパーレスのドリッパーがあったんですよね!

これめっちゃ便利そう!!という事で、その場で購入。

というわけで今回はハリオのペーパーレスドリッパーをご紹介します。

 

ハリオのペーパーレスドリッパー

ドリップコーヒーというのは、ドリップペーパーにコーヒー豆を入れて、お湯を注いで作るのですが、その紙をなくしてしまったのがペーパーレスドリッパーです。

メリットとしては、紙がいらないので、紙切れを心配しなくて良い!というところでしょう。

ペーパーレスドリッパーでは、その紙の変わりにメッシュ素材が張られていて、そこからコーヒーを抽出するんですね。

↑メッシュ記事が張られています。目の細かい網戸みたいな感じ。

う〜む、これなんか豆が漏れたりしないの?

さっそく淹れてみましょう。

 

コーヒーを淹れてみた

それではさっそくコーヒーを淹れてみましょう。

まずは豆を挽きます。1杯分。

↑コーヒー豆を入れます。中挽きぐらいです。

豆を入れたところで気付いたのですが、ドリッパーの中に謎のラインがある事が判明。

これはここまで入れたら◯杯分ですよってラインですね。

ペーパーだとそういうラインは入れられないですからね、これはペーパーレスならではですね。

でも僕はミルの段階で大体容量を掴んでるのであんまり必要ないかな笑

粉で淹れている人には便利ですね!

↑杯数毎のラインが書かれているんですね。

カスが落ちないのか

さて、この段階で気になるのが、細かい粉やカスがドリッパーから落ちないのかという事。

ミルで挽いたら細かい粉も出来ますからね。そういうのを通すようだとやっぱり紙に軍配があがりますからね。

今回は実験を兼ねて少しトントンと慣らしてみました。

その結果……

slooProImg_20160413141827.jpg

↑カップの中は真っ白。フィルターは完璧や!

中に粉らしきものは見えず。コーヒー豆を通してません!!

これはすごいぞ!

 

お湯を注ぐ

粉を通さないのが分かったので、これで安心してお湯を注げます。

ではまずはお湯を全体に馴染ませて30秒ほど蒸らします。

↑少量のお湯で豆を蒸らします。

蒸らし中。メッシュなので少しお湯の通りが早いのかな?

ペーパードリップの時のようなポコっと膨らむ感じが少ない気がしました。

↑蒸らし中。ここで豆が少し膨らみます。

30秒ほど蒸らしたら、お湯を中央に注いできます。

やっぱりメッシュはお湯の通りが早いので、隅のほうはあまりお湯を注がないほうがいいですね。

↑お湯を注いで、コーヒーを抽出中。いい香りです。

これでコーヒーが入りました。

残りカスはというと……

↑こんな感じです。濡れたままだと掃除がし難いので、このまま放置して乾燥させてから捨てると楽です。

おぉ、本当に紙を使わずにコーヒーを淹れれた!!

 

ペーパーレスドリッパーで淹れたコーヒーの味の感想

これはドリッパーの外箱にも書いてますが、コーヒーの成分が紙に比べて濃く抽出できている感じがします。

よくみるとコーヒーの油分も浮いているんですよ!

香りもペーパードリップに比べると強めなので、しっかりした味わいのコーヒーが入ります。

僕はこっちのコーヒーの方が好みですね〜。

 

残りカスが少し出る

粉を入れてトントンしただけでは落ちませんでしたが、抽出すると少しだけカスが出てます。

slooProImg_20160413152550.jpg

↑底にカスが残っています。

僕はマグカップに直接淹れているのでカスが残りますが、気にせず飲んでます笑

もし気になる方は、コーヒーサーバーなどの別の容器に淹れてからカップに注ぐとほとんど残らないようになると思います。

 

まとめ

今回はペーパーレスドリッパーの紹介でした。普段はペーパードリップで飲んでいる方も予備にひとつ持っておくといざというときに役にたつかもしれないですね。

ペーパーとペーパーレスで味が結構変わるので、コーヒーを深く味わいたい方はペーパーレスという選択肢もありかもしれません。

僕はズボラなので、ペーパーレスで飲んでいこうかな笑

今回紹介した商品はコチラです。

 

この記事が気に入ったら是非シェアしてください!