【動画つき】ジャグリングの基本技、3つのお手玉「カスケード」のやり方

どうも、お坊さん大道芸人のとっしゃん(@tossyan753)です。

今回はボールジャグリングの基本技「カスケード」のやり方を説明します。

3つのボールの基本の技ですが、初めての方がいきなり3個を投げるのは難しいです。

ですが、決して出来ないというわけではなくて、段階を踏んで練習すれば必ず出来るようになります。

1個の練習、2個の練習、そして3個のカスケードに挑戦してみましょう!

動画も撮ったので、こちらも参考にしてください。

※文章は右利きの方向けに書いてありますので、左利きの人は左右逆で読んで下さい。

1個の投げ方

まずはボール1個の練習です。

身体の中心ぐらいから反対の手に山なりのボールを投げて、身体の外側でキャッチしましょう。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-17-12-15-52

↑身体の中心ぐらいから投げて

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-17-12-16-30

↑高さは大体目線か頭のちょっと上ぐらい

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-17-12-16-36

反対の手でキャッチします

高すぎたり低すぎたりするとキャッチしずらいので、ほどほどの高さで大丈夫です。

高さは目線の高さか、そのちょっと上ぐらいがいいです。

右手から左手に投げて、左手から右手に投げて、という感じで投げます。

 

1個ボールの注意点

簡単な動作ですが、プロのウォーミングアップでも最初にやるような大切な動作です。

しっかりと練習しましょう。

出来れば足は全く動かさずに取れるといいですね!

注意点としては、

  • 左右で大体同じ高さに投げる
  • ボールを取った後に、しっかりと腕を下ろす

このあたりが出来ているかを確認してみてください。

利き手は出来るけど、反対の手は思うように動かない事が多いので、同じ高さに投げられるように練習しましょう!

 

2個の投げ方

1個が安定して投げられるようになったら、2個に挑戦してみましょう。

2個のボールの投げ方は少しややこしいのですが、以下の4つの動きが1セットになっています。

  1. 右手から左手にボールを投げる
  2. 左手から右手にボールを投げる
  3. 左手右手が投げたボールを取る
  4. 右手左手から投げたボールを取る

文章に書くとややこしいのですが、投げて左右のボールを入れ替える練習だと思って下さい。

きちんと左右のボールが同じ高さで投げられていると、「投げる、投げる、取る、取る」が「タン、タン、タン、タン」と四拍子になるはずです。

右手からスタートするのが出来るようになったら、今度は左手からスタートも練習しましょう。

2個が綺麗に投げられるようになると、カスケードが出来るようになるのにグッと近付きます。

 

2ボールの注意点

まず最初の注意点ですが、カスケードには手渡しがありません!

2個になるとどうしても手渡しをしてしまいそうになるのですが、グッと我慢してください。

その他の2個の注意点は以下の通りです。

  • 両方のボールが内側から外側に投げる
  • 右手と左手は同時に投げず、「イチ、ニ」のリズムで投げる
  • 同じ高さになるように投げる(出来ていると「タン、タン」ときれいなリズムで取れます)
  • ボールを取った手は、しっかりと下ろす

このあたりに注意して2個練習をやってみてください。

 

3個の投げ方

ここまで出来るようになったら、いよいよ3個の練習です。

3個は右手に2個、左手に1個ボールを持ってスタートします。

投げるのは、右手の指先側にあるボールから投げ始めます。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-17-12-56-22

↑3個は右手に2個、左手に1個持ってスタートします。

この写真の場合だと、右手の、左手の、右手の黄色の順番で投げます。

2個で同じ高さに投げる練習をしっかりしておけば出来るはずです!

まずは3回投げて、全部キャッチするのを目標にがんばってみましょう!

目線はひとつのボールを追うのではなく、投げたボールの頂点あたりをずっと見ておくようにするといいですよ!

 

3ボールの練習方法

最初は3個目のボールがなかなか手から離れません。

まずはボールを離す練習をしましょう。

そのためには、ボールをキャッチせず、落とす練習が有効です。

「右、左、右」とボールを投げる順番を確認しながら投げてみましょう。

このときに気をつけるのが、1個で練習した内側から外側に投げる事と、2個で練習した同じ高さに投げるの2点です。

同じ高さに投げられていれば、投げたボールは「タン、タン、タン」と等間隔のリズムで落ちてきます。

逆に同じ高さになっていないと「タン、タタン」のように、ずれたリズムで落ちてきます。

まずはキャッチは意識せず、綺麗に投げる練習をやってみましょう。

きちんと投げれていれば、右手のボールは左足の前に、左手のボールは右足の前に、綺麗なリズムで落ちてくるはずです。

 

キャッチを意識すると3個目が投げられない原因

キャッチを意識すると3個目が投げられない原因は、キャッチに意識が向いてしまい、右手が1個目を投げた後、顔の前ぐらいの高い位置で手が止まっている場合がほとんどです。

つまり3個目のボールを投げる準備が出来ていないんですよ。

実際にやって確認してもらえば分かりますが、顔の前ぐらいからボールを投げるのはめちゃくちゃ難しいです。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-17-13-45-22

↑この位置からボールを投げるのは難しいです

1個や2個で「ボールを取った手はしっかり下ろす」と書いてあるのはそのためで、お腹ぐらいまで腕を下ろさないとボールは綺麗に投げられないんですよ。

1個目のボールを投げた後は、しっかり手を下ろす。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-17-12-16-30

↑お腹の前あたりで投げましょう

これが出来れば、3個のボールは投げられるようになるはずです!

ちなみに「カスケードが少し続くようになったけど、どんどん前に進んじゃう現象」も腕がきちんと下がっていない事が原因の場合が多いです。

 

カスケードのキャッチ数を伸ばそう

カスケードは練習すればずっと投げ続けることが出来るようになります。

3回キャッチできたら、もう1回増やして4回を目指してください。

4回も投げられたら、今度は10回、20回、50回、100回とだんだんと目標回数を増やしていき、長くカスケードが出来るように練習しましょう。

他にもカスケードしながら歩いたり、座ってみたり、寝転んだりするのもいい練習になります。

30回ぐらい投げられるようになれば、色んな技にも挑戦できるようになりますよ。

 

まとめ

今回は、ジャグリングの基本技「カスケード」の解説でした。

3個がどうしても出来ない場合は、1個や2個に戻って練習するのもオススメです。

ジャグリングは難しいと思われがちですが、段階を踏んで練習すれば必ず出来るようになります。

楽しく練習しましょう!

 

この記事が気に入ったら是非シェアしてください!