【重量1kg未満】コンセントが挿せるモバイルバッテリーまとめ

どうも、お坊さん大道芸人のとっしゃん(@tossyan753)です。

最近のモバイルバッテリーの進化は凄まじいですね!

家電量販店に行っても、モバイルバッテリーコーナーは盛況です。

カバンに入るサイズで「スマホ◯回充電!」とか「PCが◯分稼働!」なんて文句が踊っていますよね。

しかーし、僕には不満があります。

というのも、どれもこれもUSBハブしか付いてないんですよ!

そういうんじゃなくてコンセントが挿せるやつが欲しいの!

↑出先で家電が使いたいんです!

と思っていたんですが、調べてみると最近はコンセントが挿せるモバイルバッテリーも販売されているんですね!

これでどこでもワイヤレスマイクが稼働できるし、あわよくば音響機材も稼働できそうだぞ!!

 

そんなわけで!

よさげなコンセントが挿せるポータブルバッテリーをまとめてみました。

ポータブル電源ではなくモバイルバッテリー

今回はAnker「Powerhouse」のようなポータブル電源ではなく、重量1kg未満のモバイルバッテリーを集めています。

1kg未満だとカバンに入れても持ち運びが出来ますからね。

このあたりのサイズでは最大消費電力が65Wぐらいのものが多いですが、100Wを動かせるものも出てきています。

なお、レビューなどを読んであまりにも信用できないものは候補に入れておりません。

 

ACポートについて

理科の授業で直流電源や交流電源なんていう言葉を聞いたことがあると思います。

すごくざっくりとした説明ですが、交流はAC(Alternate Current)、直流はDC(Direct Current)と表記します。

家庭でコンセントを挿して使う電化製品は交流電源を使っているので、ACポートというのに挿し込んでいるんです。

この記事で、「ACポート×1」という言葉を使っていますが、それはコンセントが1個挿せますよっていう意味です。

以上をふまえて、順番に見ていきましょう。

 

高品質SANYO製のリチウムイオンバッテリー採用のenerpad

まずはリンクスインターナショナルenerpad AC-24Kです。

こちらの特徴は充電池のeneloopでおなじみのSANYO製リチウムイオンバッテリーを使っています。

カラーは白と黒の2種類あります。

容量も24000mAhと申し分なし。

出力ポートは、

  • ACポート×1
  • USBポート×2

となっております。

AC最大出力85Wで、AC継続出力は65Wです。

65Wでは約1時間稼働します。

重量は約700g。

ACポートとUSBポートの同時出力も可能で、複数台の機器へ同時に供給、充電が可能です。

こちらは姉妹品で12000mAhのものです。

重量は約400gとなっております。

その他のスペックはほぼ変わらずですね。

値段も6000円ほどで上位機種になりますので、どうせ買うなら上位機種をオススメします。

 

蓋が出来てゴミが入らないタイプ

続いては日立マクセルのACコンセント付モバイル充電バッテリーMPC-CAC11400BKです。

容量は11400mAh。

  • ACポート×1
  • USBポート×1。

重量は約600g。

最大出力65Wで、カタログ値から計算するに最大出力時は30分ほど稼働するようです。

蓋が付いているので、ゴミが入らないのがいいですね。

2016年ベストバイはこれだ!「RAVPower 27000mAh」

僕の調べた限り、1kg未満部門で2016年最強はおそらくこいつですね。

重量は約830gと紹介するバッテリーの中でも1番重たいですが、その分容量も1番大きく、なんと脅威の27000mAh!

iPhone6sを11回充電できるそうです。凄すぎるけどそんなに使わん!笑

MacBookも1.2回充電できますよ。

接続ポートに関しても、

  • ACポート×1
  • USBポート×2
  • Type-Cポート×1

と、最新のType-Cもサポートしています。

そしてなんと言ってもすごいのがAC出力が最大100Wということ!

その他の機種は65Wが限界なのですが、それを突破してきました!

これ、ちょっとした音響機材なら十分動くんじゃないか?

そしてお値段も他のバッテリーと大差ないっていうね。

2016年12月現在で24000円ほどです。

18ヶ月の保証もついていますよ!

いや、ほんとこれはすごいわ。

コンセントが挿せるバッテリーをお探しならコイツがベストバイですよ。

ちなみにこちらも姉妹品があります。

容量が20100mAhで、お値段も約半分、重量は約2/3の585gです。

こちらはポートが

  • ACポート×1
  • USBポート×1
  • Type-Cポート×1

となっております。

こちらは最大出力は65Wですが、最新のMacBookproの非常用に少しでも軽いものが持ちたいならこっちを買うのもありですね!

 

まとめ

スマホ充電用のUSBが挿せるモバイルバッテリーっていうのはたくさんあるんですが、コンセントが挿せるモバイルバッテリーはなかなか珍しいので、集めてみました。

コンセントが挿せると色々と使い道が広がりますよね。

電源が取れない屋外でライトをつけたり音楽を流したりも出来ます。

大道芸で使う機材にも応用が効きそうですね!

ポータブル電源まではいらないけど、非常用に1個欲しいならコンセントが挿せるポータブルバッテリーは有りだと思いますよ!

この記事が気に入ったら是非シェアしてください!