本山興正寺にやってきました。報恩講前期終了です。

本山興正寺にやってきました。

ただいま本山では、報恩講という行事が行われております。

報恩講とは、宗祖親鸞聖人への報恩謝徳のために勤められるもので、
本山では親鸞聖人が亡くなられた11月28日の一週間前から勤められる行事です。

報恩講には全国各自の寺院から僧侶が集まるのですが、なかなか一週間お寺を開けられるお坊さんは少ないので、前期と後期に担当が分かれてお勤めをします。

僕は今年は初めて前期の担当で、本山にお参りをさせていただきました。
本日24日は前期の最終日で今日でお役目は終わりなんですが、「御伝記拝読」が25日なので、あと1日本山にいます。

報恩講はこんな感じ

興正寺の御影堂(ごえいどう)です。
この中でお勤めをしています。

正面の入り口です。ご自由にお入りください。
では入ってみましょう。

中はこんな感じです。
写真を撮ったときは法要の合間なので誰もいませんが、満堂になる事もあります。

もっと前にいくと、焼香器がございます。
ご自由にお焼香をどうぞ。
一般の方はこの先には入れません。

しかし僕は僧侶なので中に入れます。
法要では雅楽や太鼓なんかを使うお勤めもあります。
写真ではその準備がされています。

さらに中。
こちらの正面の像は親鸞聖人像です。お飾りもとても大きな花が入ってますね。写真では分かりにくいですが、人ぐらいの高さがあります。でかいです。

こんな感じですね。
やっぱり本山は色んなものが大きいですね!
どうぞみなさんお参りください。

さらに今年は報恩講スタンプラリーもありますよ。
それがコレです!
 

真宗10派巡り

slooProImg_20151123090013.jpg

 

浄土真宗は10個の宗派があってそれぞれの本山で報恩講を勤めております。
関西だけでなく北陸にも本山があるんですね。

有名どころでは西本願寺が本山の「浄土真宗本願寺派」、東本願寺の「真宗大谷派」。
うちの本山は興正寺を本山とする「真宗興正派」といいます。京都にはもう一つ本山があり、佛光寺を本山とする「真宗仏光寺派」もございます。

他にも、

三重県の専修寺が本山の「真宗高田派」。
滋賀県の錦織寺が本山の「真宗木辺派」。

あとは福井県に4つ宗派があり、
毫摂寺が本山の「真宗出雲路派」。
誠照寺が本山の「真宗誠照寺派」。
専照寺が本山の「真宗三門徒派」。
證誠寺が本山の「真宗山元派」がございます。

以上の10派を巡ろうというイベントです。
お時間のある方はどうぞお参り下さい。全部回れば記念品があるようですよ!

それでは本山報恩講。前期が終わり後期にバトンタッチとなりました。
僕はあと1日!やるでぇ〜

この記事が気に入ったら是非シェアしてください!