Nintendo Switch有機ELモデルを購入!ついに自分用のSwitchを手に入れたぞ!

どうも、お坊さん大道芸人のとっしゃん(@tossyan753)です。

Nintendo Switchの有機ELモデルを購入しました。

カラーはもちろん白。

↑自分用のSwitch!

普通のSwitchとも迷いましたが、テーブルモードで遊ぶ機会が多そうという事で有機ELモデルを購入。

今回は詳しいスペックは抜きにして、買った理由と感想を書いていこうと思います。

有機ELモデルは本体だけで遊ぶ人にメリットあり

まず現状Switchは以下の3種類あります。

現行のSwitchラインナップ
  • Switch有機ELモデル
  • Switch
  • SwitchLite

今回、自分のSwitchを買うにあたりコントローラが外れるのが良かったので、Liteは最初から除外されていました。

小さいよりも、画面の大きさを取る!

最後まで悩んだのが、有機ELモデルと通常モデル。

実はこの2つって、CPU的な性能は全く同じです。

↑この2台の処理性能は変わらない

テレビにつないで遊ぶ場合も性能差は無くて、有機ELモデルだけ4K出力できるみたいな事もないんですよね。

じゃあ有機ELモデルは何が良いのかと言うと、本体だけで遊ぶテーブルモードや携帯モードのときに以下の点が違うわけですよ。

有機ELモデルのメリット
  • 画面が少し大きくてキレイ
  • スピーカーが開放型から密閉型になって音が良くなった
  • 本体容量が32GB→64GBにアップ
  • 画面の裏のスタンドがしっかりしたものになった

僕の部屋にはテレビもモニターもありません。

なので、有機ELモデルを購入したわけです。

実際に持った感想

実際に有機ELで1週間ぐらい遊んでみましたが、画面はキレイだし、音が思ったより良かったです。

スプラトゥーン3もテレビ画面じゃないと厳しいかなと思っていましたが、普通に遊べています。

むしろスプラみたいなゲームはテレビのような大きな画面より、有機ELの画面サイズぐらいのほうが全体が程よく見えて遊びやすい気がしますね。

Switch本体だけで遊ぶことが多い人は、だんぜん有機ELモデルをおすすめしますよ!

背面スタンドもかなりしっかりしていて、安定感が全然違います。

↑自由に角度調整できるスタンドが良い
↑かなり寝かせられます。

通常版はここがペラペラですぐ壊れるんですよね。

↑普通のSwitchのスタンド。安定悪いです。

差額はたしかにありますが、背面スタンドや32GBのマイクロSDが入っていると思えば金額差などあって無いようなもの!

というわけで、みんな買おうぜ!

さてさて、続いてはすでにSwitchを持っているのになぜ2台目を買ったのか。

その理由についても書いていきます。

子供と一緒に遊びたい

まず第一の理由は、子供と一緒に遊びたかったから!

スプラトゥーンもそうですが、こういうゲームって「今しか一緒に遊べない」と思っています。

一緒のチームでやいやい言いながら遊ぶのは楽しいですし、今なら技術面でもお父さんパワーを見せつけられます。

でも、もう少し経ったらたぶん子供のほうが上手くなるし、一緒に遊んでくれないでしょう。

家族との時間は有限。

子供が大きくなってから「あの時一緒に遊びたかったな〜」と後悔しても時間は戻ってきません。

今しか出来ないんだから、今遊んでおきたいのです。

Switchはダウンロード版のソフトならソフト1本で2台まで同時起動させる事が出来ます。(ただしローカル通信は不可、ネット対戦は可能)

本体もソフトも2台必要ではないってところも追加購入に踏み切った理由です。

子供に内緒で遊びたい

続いての理由は、子供に内緒でゲームがしたいから!

1つ目の理由と矛盾するかもしれませんが、Switchが一台だと、欲しいゲームを勝手に買えないわけですよ。

遊ぶとホーム画面に表示されちゃうから内緒で購入が出来ません。

子供には誕生日などのイベントのときぐらいしかゲームを買っていないので、やってみたいゲームになかなか手が出せないのです。

四半期毎のセールとか、なかなか手を出しづらかった…。

ですが、これからは内緒でSwitchのゲームが買えます!

セールの時の安いタイミングで、こそこそゲームを増やしていこうと思います笑

任天堂のゲームを追っていきたい

最後は、僕が単純に任天堂が好きなので、これからも任天堂のゲームを追いかけていきたいからです。

VRやAR、メタバースなど様々な新技術が開発されていますが、任天堂はそういった最新技術やハイスペックなゲーム機を出しません。

少し低スペックな比較的買いやすい値段のゲーム機を売って、マリオやカービィなど様々なゲームを作ってきました。

僕は任天堂のゲームがとても好きで、哲学にも惚れています。

枯れた技術の水平思考なんかはSwitchにもふんだんに取り込まれていると思います。

昔は楽しいだけだったゲームも、今は色々とバックボーンを知っているので大人の楽しみ方も出来ます。

そういった意味でも、これからの任天堂を応援していきたいんですよね。

まとめ:買ってよかった!

というわけで、新しい自分用のSwitchを手に入れたわけですが、有機ELモデルは買って良かったです。

というか、ゲームハードは発売からずっと値段が変わらないので、もっと早く買っておいても良かったかも笑

子供と遊べるのは今しかありませんし、Switchはこれからも楽しみなゲームがどんどん出てきます。

夜な夜な遊んでいこうと思います。

誰かスプラ遊ぼうぜ〜!

created by Rinker
任天堂
¥38,980 (2022/11/29 19:59:25時点 Amazon調べ-詳細)