【レポート】第6回「お寺でボードゲーム会in善照寺」は子供率高め。思考するゲームも勧めたいね。

どうも、お坊さん大道芸人のとっしゃん(@tossyan753)です。

今年から毎月開催しているお寺でボードゲーム会ですが、無事に半年経過しました。

毎回たくさんの方が遊びに来てくれていたのですが、土曜は皆さん忙しいみたいで、今回はちょっと少なめでした。

では、今回もそんな様子をレポートしていきましょう!

(うぅ、今回も写真撮り忘れが多い…)

小さな子がメインのゲーム会

6月のボドゲ会は兄の子の友達が来てくれたので、小学生低学年年長さんがメインのゲーム会でした。

甥っ子のサッカーの友達とその親御さんが来てくれて、全部で10人ぐらいだったかな。

今回は4時ぐらいに参加者みんなサッカーの時間が来たようでお開きとなりました。

 

子供向けゲームの難しさ

僕は大人に勧めるよりも、子供に勧めるゲームの方が選び方を悩みます。

ゲーム会をやるにあたり、子供向けゲームもいくつか用意しているんですが、毎回いまいちハマった感じがしないんですよね。

うちの場合、子供向けゲームで人気なのは、以下の3つ。

反射神経のゲーム「おばけキャッチ

 

具材カードを揃えて料理を作る「レシピ

 

高いビルを作っていく「キャプテン・リノ

この辺りが人気です。

もちろんどれも良いゲームなんですが、子供向けゲームは2〜3回遊ぶと大人が飽きちゃうんですよね。

子供特有の「もう1回」が何度も続くと、一緒に遊んでいる大人としては結構辛いんです…。

いつもは子供同士で知ってるゲームをやってもらっているのですが、今回のゲーム会は少人数という事もあり、新しいゲームを遊んで見ることにしました。

 

『スピンデレラ』を遊んで見る

実はうちには子供向けゲームも日々増えております。

新しいゲームをどんどん遊んでいかないとなかなかゲームが消化できない!(ポチりすぎ)

↑日に日にゲームが増えています笑

そんなわけでギミックが素晴らしいゲーム『スピンデレラ』を遊んでみることに。

↑『スピンデレラ』プレイ中。

自分のアリをゴールへ進めていくスゴロクゲームなんですが、立体的な構造になっております。

ダイスを振ってクモの目が出ると、ボード上のクモを動かして人のアリを食べる事が出来るギミックがついていて、それに捕まると入り口に戻されるというゲームですね。

UFOキャッチャーみたいな感じ。

対象年齢6歳以上となっていますが、ギミックが面白くてもう少し小さな子でも楽しめたようです。

『魔法のラビリンス』もそうですが、ギミックが面白いゲームは大人も感動しますよね。

見えない壁の迷路を進む「魔法のラビリンス」は小学生に大ウケです!

2016.09.13

これも前から遊んでみたかったので、1個消化出来て良かった!

まぁ大人は2回ぐらいやればなんとなく満足するゲームではありますけどね笑

 

 

まとめ:判断をするゲームもそろそろやって欲しいかな

年長さんにはまだ難しいかもしれませんが、そろそろ小学校2年生ぐらいからは判断力が要求されるゲームを勧めても良さそうですね。

『宝石の煌き』も小1でも出来ていましたし、『カルカソンヌ』も対象年齢が8歳からなので、そろそろ出来るでしょう。

今度のゲーム会は、そういった考える系のゲームをやってみても良いかな?

 

子供と遊ぶボードゲームはなかなかいい感じのものが見つからず、奥が深いですが、今後も色々と遊んでみるつもりです。

夏休みはちょっと回数増やしてもいいかな?

それでは次回の「お寺でボードゲーム会in善照寺」は海の日の7月17日(月)に開催します。

大人でも学生でも、子供でも大丈夫ですので、是非ご参加ください!

 

この記事が気に入ったら是非シェアしてください!