【レポート】第10回「お寺でボードゲーム会in善照寺」の様子。雨の日はボードゲームですな!

どうも、お坊さん大道芸人のとっしゃん(@tossyan753)です。

第10回となった「ボードゲーム会in善照寺」。

前回の9月の回は、台風が直撃コースだったので泣く泣く中止。

そして今月も台風が来ていましたが、どうやら今回は雨だけっぽい感じだったので、開催する事にしました。

今回の参加者はお寺の人を含めて、大人が7人、小学生2人、未就学児6人。

子ども同士で遊んだり、大人と小学生が一緒に遊んだりと、楽しく遊んで過ごせました。

それではそんなゲーム会のレポートいってみましょう!

ワードバスケットが大流行

今回のゲーム会は『ワードバスケット』というゲームからスタート。

姪っ子の誕生日プレゼントであげたゲームで、家族でよく遊んでいるみたいですが、ゲーム会でも大活躍でした。

場のカードから始まって、手札のカードで終わる言葉を言いながら出すしりとりのカードゲームなんですが、順番がない早い者勝ちのルールなので、年長さんと大人が対等な勝負になっていましたね。

↑ワードバスケットキッズで大盛り上がり。

これ、かなり当たりゲームでしたね。

子供向けゲームは大人はどうしても遊んであげている感じになってしまうのが多いのですが、これは大人も真剣に考えます。

大人と子どもが一緒に盛り上がれる良いゲームでした。

 

大人卓もずっと稼働

今回は、大人卓も常に何かしらプレイしていましたね。

まずは2人用ゲームの名作『バトルライン』からスタート。

↑『バトルライン』の準備中。もうちょい良いシーン撮れば良かった笑

『バトルライン』は我慢のゲームなんですが、お互い思い通りのカードがこないので、ずっと苦しい展開になりがちなゲームなんですよね。

ボードゲームが初めての方もいたのですが、好感触のようでした。

これを遊んでいるうちに大人も何人か揃ったので、みんなで出来るゲームをプレイ。

ずっと気になっていた『狩歌』(かるうた)をやってみる事にしました。

J−POPに頻出する言葉がかかれたカードを並べて、音楽を流しながらカルタのようにプレイします。

「恋」、「ずっと」、「永遠」みたいな歌詞を取り合うのです。

↑『狩歌』の札を並べた図。

今回は同世代の人が集まったので、90年代の音楽で勝負。

広瀬香美、槇原敬之、GLAYなんかをかけてやってみましたが、すごい集中力で音楽を聞いていました。

これめっちゃおもしろいです!

音楽でこんな遊び方が出来るのか〜!とすごい新鮮な気持ちになるゲームでした。

お酒飲みながらやりたいゲームですね笑

その後も大人卓はずっと稼働。

遊んだゲームは、

  • RA(ラー)
  • コリドール
  • 宝石の煌き

など、定番のゲームを中心に遊びました。

↑RA(ラー)の5人プレイ。競りのゲームですが、価値の見極めが難しい。

 

小さな子どもはおもちゃで遊ぶ

うちのゲーム会は何歳からでも大丈夫なのですが、やっぱり1~2歳ぐらいだとまだまだ遊べるゲームが限られています。

というかまだボードゲームが難しいですね。

そんなわけで、今回も『かえるさんジャンプ』が大活躍でした。

↑2歳児が集まっておもちゃで遊ぶ

うちの子も2歳なので、同じぐらいの年齢の子が集まると考えるとおもちゃも何かしらあると良いかもしれませんね。

今度は積み木としても遊べるジェンガでも出しておこうかな。

 

まとめ

10月のボードゲーム会は、大人も子どももバランスよく遊べた一日だったのではないかと思います。

雨の日の屋内遊びとして、ボードゲームはやっぱり良いですね。

次回は11月3日(金)に予定をしています。

この日は昼の部、夜の部合わせて行う予定なので、皆様ふるってご参加ください。

この記事が気に入ったら是非シェアしてください!