【レポート】第3回「お寺でボードゲーム会in善照寺」終了。今回はマットを買ってみたよ!

どうも、お坊さん大道芸人のとっしゃん(@tossyan753)です。

新年から始めたお寺でボードゲーム会も今回で3回目。

前回は新居浜から、今回はなんと岡山からもゲーム会の参加者が来てくださいました。

同時開催の習字教室の無料体験講座も好評でしたよ。

それでは詳細レポートいってみましょう〜。

子供と大人と半々ぐらいの参加

3月のゲーム会は、子供と大人とが大体半々ぐらいの参加でした。

ちょっと子供の方が多かったかな?という感じですが、子供たちは外で遊んだりもしてたので、後半は大人卓も稼働。

17時までといいながら、大人卓は最終的に18時前ぐらいまで遊んでました笑。

 

遊んだゲーム

今回も色々と遊びましたが、やっぱり子供と遊ぶにはルールが簡単なゲームがいいですね。

今回子供と遊んだゲームは大体以下の感じです。

  • ディクシット
  • イチゴリラ
  • おばけキャッチ
  • 魔法のラビリンス
  • カーレース
  • ダイアモンド(インカの黄金)
  • ハゲタカのえじき
  • ナインタイル
  • 腰ぬけ野郎

おばけキャッチは泣いちゃった子もいましたね笑

こういうときのケアは難しいですね〜。

ハンデをつけるのも何か違う気がするし、真剣にやっているからこその涙でしょうし。

まぁこういうのもいい経験ですね。

↑泣いてた子もイチゴリラで泣き止みましたよ笑

個人的に面白かったのは親子でチームを組んでのディクシットです。

前に高松で遊ばせてもらい、気に入って即買いしたゲームなんですが、やっぱりよく出来てます。

自分の番に、抽象的な絵が描かれたカードにタイトルを付ける大喜利的なゲームなんですが、わかり易すぎてもわかりにく過ぎてもダメという、言葉のセンスが問われるゲームです。

↑ディクシットをプレイ中。お題は「冒険」ですが、どのカードが親が出した冒険でしょうか?

今回は親子チームでの対戦でしたが、大人同士でも真剣に遊んでみたいですね。

他に大人同士で遊んだのは、

  • 渡る世間はナベばかり
  • インサイダー

あたりでしょうか。

「渡る世間はナベばかり」は良かったですね。

渡ナベという性のナベの漢字だけでやる神経衰弱です。

本当に神経が衰弱します。

というかすぐ嫌になりましたね笑

↑「渡る世間はナベばかり」のプレイ中。

これは良いネタゲーなので持っておくとどこかで重宝すると思いますよ。

 

今回はゲームマットも用意しました

前回まではゲームだけ用意をしていたんですが、今回はゲームマットも用意しました。

うちの場合は会議机を二つひっつけて使ってるんですが段差があったりしてカードゲームが遊びにくかったんですよね。

↑うちのゲーム会の机。机の周りの金具にカードがひっかかります。

そこでゲームマットを買ってみることに。

手芸店でこれは良いんじゃないか?というものを2種類買ってみました。

 

帆布

まず一つ目は帆布です。

ちょっと薄手の11号を買ってみました。

↑帆布の11号。

この布はゲームをプレイするにはちょっと微妙でしたね。

カードは取りやすいのですが、ちょっと毛羽立つ感じがありました。

そして何より布自体が滑る!

子供同士で遊ぶとズレまくってたので、机との間に滑り止めがあった方がいいですね。

値段は安めだったのが救いですね。

 

合成合皮

もう一つ買ったのは合成合皮です。

これは当たり生地でした。

↑合成合皮のプレイマット。質感がいいぜ!

カードも適度に滑るし、厚みがあるのでカードが取りやすいです。

生地に硬さがあるので、敷きやすいですしね。

こちらも机にのせただけでは滑るので、そのあたりは注意が必要ですね。

 

まとめ

回を重ねるにつれ、ゲームに慣れた子もちょっとずつ出てきましたね。

小さい子は毎回同じゲームをやりたがるので、他にも色んなゲームに触れて欲しいとも思います。

これはこっちが上手いこと誘ってみないとダメかもですね。

あともっと大人が来てくれると嬉しいです。

大人が遊んで面白いゲームも揃えてますので、気軽に遊びに来て下さい。

↑所持ゲーム一覧。半分ぐらい大人向けです。

また来月もやりますので、是非ご参加ください!

この記事が気に入ったら是非シェアしてください!