【レポート】第5回「お寺でボードゲーム会in善照寺」は過去最高の参加人数で大盛況でした!

どうも、お坊さん大道芸人のとっしゃん(@tossyan753)です。

2017年5月14日(日)に行われた「第5回お寺でボードゲーム会in善照寺」も無事に終了しました。

新居浜や岡山からの参加者、香川の友達も来てくれて、過去最高人数の会になりました。

今までは子供がメインの会で、大人同士で遊ぶのはちょこっとだけだったんですが、今回はがっつり遊べたんじゃないでしょうか?

それでは会の様子をレポートします。

過去最高人数の会でした

今回は大人が多く参加してくださり、とても賑やかな会になりました。

あと嬉しかったのが、事前に参加連絡をいただいた方が多かったという事。

うちのボドゲ会は飛び入りOKなんですが、やっぱり事前に連絡をいただくとこちらも準備の目安が出来るのでとてもありがたいんですよね。

参加連絡をいただいた段階で大人が7名、子供も5名ほど集まる感じでした。

↑大人同士で「二つの街の物語」。隣と協力する対戦ゲームです。

たくさん人が来るからもっとゲーム集めておかないと!という事で色々ゲームをポチったりしちゃいましたね。

みんなが楽しく遊ぶためという利他の精神です。(違)

↑住職を交えて会社経営をするゲーム「ナショナルエコノミー」。

もちろん子供もたくさん参加してくれました。

初参加の子もいれば、リピーターの子もいます。

子供たちは「おばけキャッチ」や「ドブル」、「イチゴリラ」なんかを遊んでましたね。

何回か参加している子は、自分が分かるゲームばかりをやりたがるので、色々他のゲームも体験させてあげたいところ。

↑「ジャングルスピード」。反射神経のゲームです。

持ち込みゲームの「ジャングルスピード」も楽しそうでしたね。

反射神経を使うゲームなのですが、かなりお手つきを誘発する仕組みがよく出来ています。

パーティーゲームは好きなのでやってみたかった。

 

反省:ルール説明が追いつかない

 

今回はたくさんの方に参加していただきとても賑やかな会になったのですが、個人の反省点として、

ルール説明が追いつかない!

という場面が何回かありました。

自分が遊んでたのが悪いのですが、人数が多いときはあまりゲームには参加せずルール説明に終始すべきでしたね。

あとはルールを把握していないゲームも、どこかのタイミングで1回は遊んでおくと良かったです。

 

ルールがきちんと分かってないゲームも置いてる

うちには70種類ぐらいボードゲームがあるのですが、遊んだことのないゲーム、いわゆる積みゲーが結構あります。

というのも、ボードゲームって相手が必要なので遊ぶ機会がないと簡単に積んじゃうんですよね。

実は遊んだことのない「コルトエクスプレス」

このゲームで遊びたいっていう要望が出た時に、キチンと説明できないのはちょっと良くないかなと思うんですが、うちには「ルールブックをざっくり読んだだけで、全く遊んだことないっす!」っていうゲームもチラホラあるのです。

今回はタイミングの問題もあり、「一部のグループへのルール説明がきちんと出来ない」+「ルール分かってないので説明書を読む」のコンボが決まってしまい、一時遊べないグループが出てしまいました。

これはほんと申し訳なかったです。

 

まとめ

今回のゲーム会は過去最高の人数が集まり、個人的にはすごく楽しかったのですが、ルール説明が追いつかない場面もあって、すいませんでしたって感じでもあります。

慣れている人だと勝手に遊んでくれるんですが、初めての人にはやっぱりきちんと説明しないといけなかったですね。

あと、人数が多かったので「人狼」や「アヴァロン」のような多人数で出来るゲームをやってみたかったです。

さて、来月のゲーム会はまだ未定ですが、6月の後半にしようと思っています。

また宜しければご参加ください。

この記事が気に入ったら是非シェアしてください!