iPad Proの2つの魅力!アクセサリを付けて常に持ち歩くのだ!

どうも、お坊さん大道芸人のとっしゃん(@tossyan753)です。

最近はiPad Pro9.7の使いこなし計画にハマっています。

色々と触っていて今さらながらの感動なんですが、iPad Proってかなりの事が出来ますね!

最近はめっちゃ使っています!

パソコンが必要ないとは言いませんが、作業内容によっては「むしろiPadじゃね?」なんて場面もちらほら。

iPad Proかなり良いっすよ!

iPad Proはサブ機という立ち位置

さて、iPad Proを愛用している現状ですがMacBook Proが無しでも良いかと言われると、それはそれで困ります。

最近はかなりパソコンに寄ってきていますが、それでもやっぱりこれだけで全部やるっていうのは心許ない部分があります。

iPad Proはあくまで補助ツールで、サブ機という立ち位置なんですよ。

僕はブログを書くのにMacBook ProやiPad Proたちを使っているのですが、iPad Proで材料を作って、MacBook Proで仕上げるという形で使っています。

そして、実はiPad Proの方が向いている作業ってのも多くあるんですよね。

 

iPad Proの利点

iPad Proは実際のところ何が素晴らしいのでしょうか?

MacBook Proだけでもブログは書けるのですが、パフォーマンスを上げるためにはiPad Proもあると便利という感じですね。

iPad Proの主な魅力はこの2点。

  1. さっと持ち運べてすぐに使える
  2. ApplePencilなどのアクセサリ

僕はこの2点がiPad Proの魅力だとおもっています。

順番に見ていきましょう。

 

さっと持ち運べてすぐに使える

まず、iPad ProだけでなくiPadにも言える事ですが、機動性の高さが魅力の1つだと思います。

指紋でホーム画面を開いてアプリを選択すれば、すぐに作業を始める事ができます。

また、軽量で持ち運びやすいので、ビューワーとしても優れていますよね。

僕もiPad Proの使用用途の半分ぐらいが雑誌を読んだり、漫画を見たり、動画を見たりする事です。

Kindleアンリミテッドと組み合わせると、雑誌読むのが止まらなくなりますね笑

Kindle Unlimitedを約1年使って感じたメリット。不満はダウンロード数かな?

2017.09.13

パソコンよりも気軽に使えるというのがiPadの魅力ですね。

 

ちょっと持って行っとくかとなるサイズ感

僕は9.7インチのiPad Proを使っているのですが、このサイズ感もまた良いんですよ。

出かけるときに「ちょっと持って行っとくか!」となるサイズなんですよね。

MacBook Proも充分軽いのですが、持ち運びを考えるとどうしても少し繊細になってしまいます。

あと、Wi-Fiが無いと使い勝手が悪くなりますからね。

その点iPad Proはガシガシ使う!という表現がピッタリな感じですね。

大きさも9.7や10.5サイズのiPad ProならA4の紙よりも一回り小さいので、小さめのカバンでも入るのもポイント高いです。

 

SIMカードを挿せばどこでも使える

SIMカードを挿せばどこでも使えるというところもMacBook ProにはないiPadの良いところですね。

僕は基本的にWi-Fiをメインに使うようにしていますが、iPad Proには格安SIMを挿しています。

以前、第3世代iPadも買ったことがあるのですが、その時はWi-Fiモデルを買ったんですよね。

結果として、持ち出してもネットが繋がらないと家の中ぐらいしか使いどころがなく、全然使わないまま子供のオモチャになってしまいました。

テザリングの一手間もめんどくさいし、ソフトバンクはテザリングで500円要りますしね…。

というわけで、iPad Proを買うならセルラー版を強くオススメします!

ケチるなら容量の方をケチりましょう。

クラウドサービスも充実してきているので、通信が確保出来るなら容量はあまり重要ではなくなってきた感はあります。

どこでも使えるというのがiPadでは重要だと思います!!

 

Apple PencilとSmart keyboardが素晴らしい

iPad Proを語る上で欠かせないのが、Apple PencilSmart keyboardです。

この2つがある事で、iPad Proは大きく化けました。

iPad Proを買うならこの2つは必須です、買いましょう。

↑ApplePencilとSmart Keyboard。これでiPadは化けた!

特にApple Pencilは他社のスライタスペンから頭一つ抜けた素晴らしい性能です。

これによって、描くという動作に関してはiPad Proの方が向いている様になりましたね。

というか、これを使わないならiPadのProを買う意味はあんまりないです。

キーボードは使い方によってはBluetoothキーボードでも良いかもしれませんが、一体型は持ち運びが楽です。

使わない時は外しておけるのも良いです。

↑用途に合わせて付け外しできるのも良い。機動性バツグン!

煩わしい充電なんかもなくて、接続したらそのまま使えるのも含めて、Smart keyboardは良く出来ています。

最近は他社製品の一体型キーボードも出ているらしいので、そっちを選ぶのも良いかもしれませんね。

特に9.7はUS配置のキーボードしかないので、慣れてないと打ちにくいです。

こちらは10.5インチのiPad Pro用のキーボードですが、ApplePencilを収納する場所もあり、使い勝手が良さそうです。

 

まとめ:iPad Proは常に持ち運べる端末

今現在、僕はMacBook ProとiPad Proの両方を使っています。

どちらも本当に素晴らしいのですが、一長一短の良さがあります。

まず、出来ることの幅から言うとどうしてもMacBook Proに軍配が上がります。

しかしながら、iPad Proは生活に密着した素晴らしさがあるんですよね。

空き時間にちょっと作業をしたり、出先で写真の整理をしたり。

マジでどこにでも持って行っていますし、気軽に持ち運びできるというところがかなり気に入っています。

家にMacBook Pro、お出かけはiPad Proという生活をこれからも続けていこうと思っています。

励みになりますので、おもしろかったら是非シェアをお願いします!