デジカメで撮った写真はiPhoneで管理が1番簡単!自動でバックアップも出来ます!

どうも、お坊さん大道芸人のとっしゃん(@tossyan753)です。

デジカメで撮った写真ってキレイなんですが、面倒なのがパソコンに取り込む作業です。

SDカードをカードリーダーに指して、写真を読み込んで、バックアップも取って…と、いちいちやるのはめんどくさいですよね。

特に最近のmacbookはUSB-Cポートしかないので、カード指すまでに手間がかかります。

僕は最近、写真管理はiPhoneやiPadを使う方が楽になってきました。

そこで、今回は僕がオススメするデジカメの写真管理方法をご紹介します。

iPhoneを中心に写真管理すべし!

2019年からは、iPhoneやiPadを中心に写真や動画の管理をした方が簡単です。

どこでも出来るし、持ち歩く荷物も少なくてすみますからね。

やり方はとても簡単。

とにかく撮った写真は全てiPhoneに入れる!です。

最近はデジカメもWi-FiやBluetoothで転送できるようになってきたので、そういうアプリを使っても良いですね。

とにかく全てiPhoneの「写真」に入れる事で、バックアップを含めて簡単に写真が管理できるようになります。

 

iPhoneへの転送はSDカードリーダーが便利

デジカメのWi-Fi転送機能を使っても良いのですが、iPhoneに転送するのは手軽ではないですね。

  1. デジカメでWi-Fi転送機能をONにする
  2. iPhone側からデジカメのWi-Fiを選択する

この手間がちょっとかかりますし、転送にもデジカメのバッテリーを結構使うのであまり好きではありません。

そこでオススメなのがSDカードリーダーです。

↑Lightning端子に挿せるSDカードリーダー。

SDカードをiPhoneに差し込むだけで、簡単に写真や動画を読み込んでくれます。

jpegだけでなく、写真の高品質保存形式のRAWデータ、はたまたMPEG4などの動画ファイルも読み込んでくれますよ。

SONYのRX100M3を愛用していますが、写真は全て撮ったまま読み込めます。

動画はMPEG4で撮っておき、フォルダをDCIMに移動すれば読み込めます。このフォルダ移動が必要なので動画はアプリを使った転送の方が良いですね。

LUMIXでは動画もそのまま読み込めました。

あと、デジカメ側のバッテリーを使わないところも助かりますね。

↑差し込むと「読み込み」が表示されて、カード内のどの写真を読み込むかを選べます。(写真はiPad)

下手にアプリで転送するよりも早いので、僕はSDカードリーダーを重宝しています。

3,000円弱しますが、その価値があると思いますよ!

Wi-Fi転送に対応していないカメラでも簡単にiPhoneに読み込めますので、少し古いカメラを使っている人にもオススメですね。

 

Googleフォトのアプリを開く

写真や動画を読み込んだら、Wi-Fi環境があるところでGoogleフォトのアプリを開きましょう。

Google フォト
無料
(2019.02.06時点)
posted with ポチレバ

最初に簡単な設定をしておけば、あとは勝手にアップロードをしてくれます。

Googleフォトのすごいところは、写真や動画が無制限保存できるところ。

RAWでもそのまま保存出来るので、容量を気にせず撮った写真はとりあえず全部アップロードしておくと良いです。

GoogleフォトとAmazonフォトが有能すぎる!いつの間にか写真も動画も無制限保存できる時代になっていた!

2019年2月4日

Googleフォトは動画も実質無制限保存できるので、動画のバックアップもするならGoogleフォトがオススメですね。

 

Googleフォトの設定方法

Googleフォトの設定方法ですが、こちらはすごく簡単です。

アプリをダウンロードして、Googleアカウントでログインします。

↑Googleフォトの設定方法。三本線をタップして「設定」を選びます。

その後は、検索バー左側にある三本線をタップするとメニューが出てくるので、そこから「設定」を選びます。

↑「バックアップと同期」から「高画質」を選択。

その後は、「バックアップと同期」から「高画質」を選択します。

「元のサイズ」を選ぶと、保存容量を使ってしまうので、必ず「高画質」を選びましょう。

普通に使う分にはファイルサイズが削減される事はないので、安心してください。

ちなみに、モバイルデータ通信を使うは「オフ」を選んだ方が良いです。

Wi-Fi環境のあるところでだけアップロードするようにしないと、すぐに通信制限にひっかかりますので。

これでGoogleフォトの設定は完了です。

Googleだけで不安な場合は、Amazonプライム会員なら使えるAmazonフォトを併用すると、より安全ですよ。

 

まとめ:全部アップロードして、後で考える

上手に写真を管理する人は、目的や被写体によってフォルダ分けをしているのでしょうが、僕のように整理整頓が出来ない人間は、とにかく全部アップロード方式が一番楽だと思います。

「あのときの写真ってどのカードにあったっけ?」と探す手間を考えると、全てGoogleフォトやprimeフォトに入れて置いた方が探すのも簡単ですよね。

プライベート写真なんかは管理も適当になりがちですし。

とにかく全部iPhoneに入れて、Googleフォトにアップロードしておく!

そして、それが済んだらSDカードの中身は消しましょう。

これで、容量に悩まされず写真をガンガン撮れますよ!

ちなみにiPadでも同じ事が出来るので、大画面が良い人はiPadを使うのもアリですよ!

僕は両方使っています。

励みになりますので、おもしろかったら是非シェアをお願いします!