3秒でたためる折りたたみ傘「urawaza」を購入!これはガジェオタ魂をくすぐるアイテムだ!

どうも、お坊さん大道芸人のとっしゃん(@tossyan753)です。

長らく愛用していた傘が破れて壊れてしまいました。

梅雨に入って雨も多いのに、もう家に傘がない!

そこで、せっかくなら良いものを買おうかなと思い、ネットで色々と調べてみました。

逆向きに広がる「逆さ傘」、すごい丈夫な「富士サンダー」など色々と候補はあって、どれも魅力的だったのですが、最終的に選んだのはこちら!

MOONBAT社の「urawaza」という折りたたみ傘です。

↑urawazaという折りたたみ傘

いや〜これ、ガジェオタ魂をくすぐる一品ですぞ!

どういうシーンで傘を使うか?

傘の紹介の前に、どういうシーンで傘を使うのかをしっかりと吟味しておく必要があります。

うちは車が必須の田舎なので、実は傘が必要なシーンは少なめ。

僕が思いついた使う場面は、以下の通り!

傘を使う場面
  • 娘の送迎(駐車場から園内まで)
  • 家とお寺までの往復(仕事)
  • 車から檀家さんの家まで(仕事)

たぶんこのぐらいなんですよね。

スーパーは雨のときは行かないし、どうしても必要ならゆめタウン丸亀か善通寺のPLANTが屋根があって濡れません。

基本は家にいるので、通勤でガッツリ傘が必要って感じでもないんです。

というわけで僕の出した結論としては、

車に置きっぱなしで邪魔にならない傘

になったわけです。

コンパクトな折りたたみ傘が良い

車に置きっぱなしでも邪魔にならない傘ということで、普通の傘よりは、コンパクトになる折りたたみ傘が良いな〜。

そんな感じでネットサーフィンをしていると、気になる動画を発見。

傘ソムリエの土屋さんがやっているYouTubeで、「アンブレラアワード2020」という動画です。

傘ソムリエという存在にもびっくりしましたが、この番組面白い!!

この動画は、傘メーカーが自社商品以外に投票して、傘の一番を決めようという趣旨の企画です。

その総合優勝に輝いた傘が今回買ってみた「urawaza」です。

ちなみに他にも傘は色々あって、また物欲がふつふつと…笑

めっちゃ傘が欲しくなるので、よかったら見てみてください!

3秒でたためる折りたたみ傘

さてさて、この「urawaza」の特徴はなんと言っても3秒で折りたためるというキャッチフレーズ。

普通の折りたたみ傘は、たたむ前に形を整えないといけないですよね。

バサバサ振って、形を整えて、そこから巻いて片付けます。

なんか真ん中がもっこり膨らんだりして、しわしわのままとりあえずまとめるって方も多いのではないでしょうか?

それが、この「urawaza」は折りたたんだときにはすでにキレイに形が整うので、あとは巻くだけ!

↑折りたたんだら整形されています

折りたたみ傘にあった煩わしいポイントを解決した傘なのです!

裏に技があるからurawaza

ではなぜ、閉じる時にキレイに折りたためるのかというと、傘の裏側に秘密があります。

↑傘の内側。フィルムがはられて少し固くなっています。

この色が変わっている部分にちょっと固めのフィルムのようなものが貼られていて、シワにならなくなっているんですね。

なので、何回折りたたんでもきれいな形に折りたためるんです。

いや〜これ考えた人すごいわ!

素早く折りたたむコツ

実際手元に来てから何回か開いたり閉じたりしてみましたが、キャッチフレーズの3秒はかなり調子が良いときじゃないと無理ですが、本当にすばやく折りたたむことが出来ます。

素早く折りたたむには少しコツがあって、どこでも良いから手を入れて巻き始める事です。

↑とにかく手の平に乗せて巻く!

紐を探してそこを起点に巻き始めようとするとどうしても10秒ぐらいかかっちゃいますね。

折りたたむ時にしっかり折り目がついているし、紐も外に出てくるのでどこから巻いてもOKです。

手のひらの上で傘を転がせば勝手に紐が留まる!ぐらいの感覚で大丈夫。

↑この状態から
↑クルクル
↑クルクル
↑紐も気にせずそのままクルクル…
↑最後にマジックテープを留めて
↑差し込む!
↑あっという間に折りたためます。

僕は今まで傘を巻くときは紐を起点に巻いていたのですが、布地の中に紐が入って行方不明になるって事がないのも感動ポイント。

うまく行けばクルクルしているだけで勝手に紐も留まってくれるので、本当に気持ち良い!

UV90%カットで日傘にも

urawazaはUVも90%以上カットするUV防止加工もされているので、日傘としても使えます。

去年の娘のプール参観とかめっちゃ暑かったんですよね…。

そういうときにもこの傘使いたいな〜。

人生で日傘を使う機会は今までなかったのですが、日傘ってかなり涼しくなるんですね。ビックリ!

↑日傘としても使えます!日傘は予想していたよりかなり涼しいです。

雨のときだけでなく、日傘としても使えるのでますます車に置いておきたい傘です。

それでは続いては使っていてイマイチな点も紹介します。

イマイチな点:収納袋に入れるときに気を使う

まず1つ目のイマイチな点は、収納袋が結構タイトなところです。

収納袋がキツめで、収納袋に入れにくいし、出すときもかなり摩擦を感じます。

↑収納袋がキツイ!

しまう時は、袋に回しながら入れるとある程度キレイに入ります。

↑時計回りに回しながら入れる

ただ、今度袋から出すときに、結構抵抗があるんですよね。

↑すごい布地が引っ張られている!

安い傘ではないので、大事に扱いたいです。

かばんに入れて持ち運ばないなら、収納袋に入れない運用もありかもしれないですね。

デメリット2:紐が首に当たる

イマイチな点の2つ目は、傘をまとめる紐がちょっと長くて、傘をさしていると首に当たるところです。

自動開閉式は手元にボタンがあるのですが、これが親指に当たるところで持っているとピロピロが真後ろに来るんですよ。

これが風に吹かれたり、ちょっとかがんだりとか姿勢を変えたりすると、首に当たります。

↑紐が首に当たる

雨の中これはちょっと気持ち悪い。

紐が横に来るように持ったら良いんですが、スイッチはいつでも押せるようにしたいじゃん?

そうなってくると必ずピロピロが後ろに来るんですよね…。

これは付ける位置をずらして欲しかったな〜。

傘を少し回したらいいじゃん!って人は問題ないと思いますが、スイッチを親指でいじくり回す癖のある人は気になるポイントだと思います。

お手入れ:しっかり干そう

最後にお手入れですが、urawazaは撥水加工もされているので、傘をちょっと振るだけで大体の水滴は落ちます。

ですが、そのまま巻くと、どうしても谷になっている部分に水分が残ってしまうんですよね。

なので、天気のいい日はしっかり傘を干して水分を飛ばしてあげましょう。

撥水がしっかりしているのですぐに乾きますよ。

まとめ:雨がちょっと楽しみになる傘

今回「urawaza」を買ってみましたが、良い傘はテンションあがりますね。

雨が楽しみになる!

周りの人に内心ドヤりながら傘をさしております笑

もう巻くのがめっちゃ楽しい!

UV90%カットもあるので、子供のプールを見るときなんかも使えそうですね。

日傘習慣はないですが、夏になったらそういう用途でも使ってみたいと思います。

52cm、55cm、60cmとサイズバリエーションもありますし、自動開閉かどうかも選べますので、お気に入りの1本を見つけてください!

僕は色が無かったから55cmにしましたが、60cmにしても良かったかも〜!

車に置きっぱなしの傘としては、すごくオススメの1本です。

励みになりますので、おもしろかったら是非シェアをお願いします!