iPad Pro12.9 2020モデルの1年間使用レポート!

どうも、お坊さん大道芸人のとっしゃん(@tossyan753)です。

12.9インチのiPad Proを買って、約1年が経ちました。

デカイ方のiPadを買ったのですが、iPadは結局使わなくなるとか、どういう風に使ったら良いのか分からない…。なんていうネガティブな意見もちらほら。

僕もちょっとその心配をしていたのですが、買ってから1年が経ちました。

その間、どのぐらい使ったのかというと、

ほぼ毎日!

というレベルで使っています。

もうiPad Pro無しの生活には戻れまへん。

今回はそんなiPad Proを約1年使ってきて、特に便利だと思うをランキング形式で発表していきたいと思います!

第1位:sidecarでサブディスプレイとして使う

iPadを使っていて、最も使用頻度が高いのがsidecarです。

これはiPadをMacのサブディスプレイにする純正機能です。

ここ3年ぐらいで発売されたiPadはどれでも使える機能なんですが、これが大画面だとめちゃめちゃ便利。

サブディスプレイとして使うことで以下の事がスムーズになりました。

sidecarで便利になった事
  • 動画を見ながらPCソフトの使い方を勉強できる
  • 動画編集の素材ウインドウをサブディスプレイに並べる
  • 2つのブラウザを並べて、ブログを書きながら参考ページを表示させる

特に動画編集は画面の広さがそのまま編集効率に直結します。

↑サブディスプレイに動画素材を並べる!

色んなウインドウを出しっぱなしに出来るので、いちいち探さなくて良いのは本当に便利!

あとはYouTubeで動画編集のチュートリアルを流しながらそれを練習するなど、色んな使い方ができますよ。

めっちゃ効率上がった気がします。

連携機能がとても良い

これだけだと「サブディスプレイを買ったほうが良いんでないの?」という気もしますが、iPadをサブディスプレイにする事で得られるメリットはそれだけではありません。

iPadは連携機能も優れているんですよね。

特によく使うのが、Macのスマートプレビューから画像に直接書き込みが出来る連携マークアップという機能。

↑連携マークアップはめっちゃ使う!

Macで開いている画像にApple Pencilでささっと文字が描ける機能なんですが、これもめちゃくちゃ使います!

以前はこういう画像に文字を入れる作業って、PhotoshopやSketchみたいな専用のソフトを開かないといけなかったんですが、その手間が無くなりました!

ブログをやっている人はすごく便利な機能だと思いますよ!

第2位:読書端末

続いては読書端末として。

これもよく使ってます、特に漫画との相性はバツグンです。

↑漫画は大迫力!

漫画は紙の漫画より大きく表示されますし、見開きもそのまま読めます。

あとは12.9インチで良かったなと思うのが雑誌を読む時ですね。

雑誌も見開き表示しても、十分読むことができます。

雑誌も見開きでしっかり見れます。

あとは地味に嬉しいのがキーボードを取り付けておくと矢印キーでページめくり出来ること。

机で読むときはキーボードでページ送り、寝転がって読む時は本体だけ。

こういう使い分けができるのもiPadの魅力!

ただ、12.9インチはやっぱりちょっと重たいので、読書端末だけで使うなら11インチやiPad airの方が良いと思います。

第3位:写真編集

続いてよく使うのが写真編集。

僕はAdobeのLightroomCCを使っているのですが、写真編集はPCよりiPadの方が好きですね。

なんかパラメータをいじったときのレスポンスがiPadのほうが早いような気がするんですよね。

写真はあんまり細かくはイジらず、ちょっと見た目がよくなる程度にしか使わないので、どっちでも良いのかもしれませんが笑

↑写真編集もiPadで。

これもiPadに機能を振ると、PCで執筆をしながら、合う写真をiPadで探すなんて使い方も出来ます。

あとは、「撮った写真はとりあえずiPadに入れておく」ってルールにすると、あの写真どこにあったっけ?みたいな事もなくなりますね。

まぁ写真編集に関してはLightroomCC(classicじゃない方)を使っていれば、クラウド連携されてPCでもiPadでもiPhoneでも、どれでも作業出来る状態になるのでこれは好みの問題ですね。

僕はiPadで作業するのが好きなのでiPadで写真編集をやっています。

番外編:買ってよかったアクセサリー

続いては番外編ですが、買ってよかったアクセサリーについて。

思っていたより便利だったのが、スタンドです。

サブディスプレイにする事が多いのでMacの横にiPadを置いてあるのですが、高さが出るスタンドだと視線が上がり、すごく見やすくなります。

iPad単体で使うときも、このスタンドは一緒に持ち運ぶことが多いですね。

僕が使っているのはこちら。

角度調整も出来るし、iPadを片付けるときも置く場所が決まるので、買ってよかったです!

ちなみにMacBookにはMOFTのノートPCスタンドを貼り付けています。

この2つのスタンドで高さが大体揃いますよ!

画面の高さが違うとサブディスプレイとして使っている時にちょっと違和感があるので、できれば高さを揃えることをオススメします。

↑高さが違うとサブディスプレイ化しているときに使いづらい…

まとめ:これからも使い続ける!

以上、iPadを1年間使ってきた感想でした。

ちまたではM1チップ搭載のiPadが発売されたりしていますが、去年買ったiPadでもまだまだ十分使えます。

動画とかもiPadで見るかな〜と思いましたが、意外とそういう用途ではほとんど使っていません。

動画はiPhoneの方が見やすい気がします。

iPadは色々と日常生活をちょっと手助けしてくれるような存在です。

ちょっと持ち運んだりするのに丁度良い。

セルラー版ならiPadがあればどこでも作業が出来るようになりますよ。

もし買おうか迷っている人がいたら、背中は押します!(笑)

僕はあと3年ぐらいはこのiPadで頑張ろうと思います。

励みになりますので、おもしろかったら是非シェアをお願いします!