ポッドキャストを手軽に始めたいならAnchorがオススメ!録音、編集、自動配信までやってくれます!

どうも、お坊さん大道芸人のとっしゃん(@tossyan753)です。

最近ポッドキャスト(インターネットラジオ)を始めました。

Voicyなんかも良いんですが、やっぱりiTunesとかに登録したいなと思って色々調べていたんですが、登録までの道のりって結構ややこしいんですね。

もうやめようかなと思っていた時に、かなり良いアプリを発見!

その名も「Anchor」。

ポッドキャストの録音、編集、公開までスマホ1台で出来るんです。

海外製のアプリで日本語対応していませんが、かなり使えるアプリですよ!

Anchor
無料
(2018.10.03時点)
posted with ポチレバ

音声配信を気軽に

以前はドライブ中だけポッドキャストを聴いていたのですが、ワイヤレスイヤホンのAirPodsが素晴らしすぎて、最近は家の中でもずっとポッドキャストを聴いています。

寝ホンとしてワイヤレスイヤホンAirPodsを購入!光らない、寝返りがうちやすいで大活躍しています。

2018.08.31

そして、色々聴いているうちに、自分でも何か喋ってみたいな〜と思ったのですが、ポッドキャストは登録までのハードルが意外と高かったんですよね。

  • iTunesのポッドキャストは、登録してくれるだけ
  • 音声データは別のところに置く必要がある(ブログ内に置くなど)
  • 音声ファイルや番組の詳細を全部揃えてAppleに申請→通過しなければいけない
  • ワードプレスでも出来なくはないけど、重くなりそう

など、多くの問題を抱えてしまい、めんどくさいしやめようかなと笑

そんな時に出てきたのが「Anchor」というアプリでした。

海外のアプリで日本語対応はしていないのですが、中学英語が分かれば大丈夫な感じですね。

 

録音、編集、公開まで可能

anchorは録音から編集、そして公開までがスマホ1台で完結するアプリです。

iPhoneでもiPadでも、PCのブラウザ上でも編集する事ができます。

しかし、一番編集をやりやすいのは画面の大きいiPadですね。

↑iPadの編集画面。

やろうと思えば結構細かい編集も可能。

喋っている後ろで流れている音楽や、5秒ぐらいの区切りの音楽(ジングル)も挿入する事ができます。

 

編集はブロックを組み合わせていく感覚

Anchorの編集は、ブロックを組み合わせていくような感じで編集を進めていきます。

オープニングトーク、ジングル、前半トーク、ジングル、後半トーク、終わりのBGM

みたいなブロックを組み合わせて一つのエピソードを組み立てていきます。

↑ブロックを組み合わせて番組を作っていく。

画面の右が音声データのブロックなのですが、これをどんどんつなげていって一つの番組にします。

音楽はあらかじめAnchor側でいくつも用意してくれていて、BGMとして録音したトークにつけるなんて事も可能です。

最初数秒は大きくして、喋り始めたら音楽が小さくなるみたいな事も全部自動でやってくれます。

これはちょっと感動しましたね〜!

音楽がつくと、かなりラジオっぽくなるのでオススメです笑

 

Anchorの編集はざっくりとしか出来ない

続いてAnchorのイマイチなところですが、編集がざっくりとしか出来ません。

例えば5分録音したものを2つのブロックに分けようみたいな事は簡単なんですが、喋っているときの無音のところや、「あー…」とか「え〜っと…」みたいな不要なところを細かく切る編集は向いてないです。

きちんと作りたい場合は、別のソフトで音声を編集してからアップロードした方が良いですね。

僕は別の編集ソフトを使って完成したものをアップロードしています。

 

各種ポッドキャストに自動登録してくれる

僕がAnchorを使っている一番の理由がこれ。

各種ポッドキャストに自動登録してくれるのです。

いちいち全部に登録しなくて良いのは本当に便利ですよ!

登録してくれるサービスは以下の通り

Anchorで登録できるポッドキャストサービス一覧
  • Anchor
  • iTunes podcast
  • Google podcasts
  • Spotify
  • Breaker
  • Pocket Casts
  • RadioPublic

聞いたことないサービスもありますが、有名どころも網羅してくれています。

準備ができたところから随時公開されていくので、全てが一気に公開されるわけではありません。

僕は初めて2週間ぐらいなので、まだiTunesは登録されていませんね。

3週間ぐらいかかるみたいなので、気長に待ちたいと思います。

なお、Anchor以外で配信する場合は、番組の前後にAnchorのCMが入ります。

 

離れた人との対話も収録可能

これはまだ使った事のないサービスなのですが、離れた人との対話も収録可能です。

ゲストとお話をしたりできるみたいですが、お互いアプリが必要か、米国の電話番号のみ対応しているみたいです。

これはまだ使ったことのないサービスなのですが、一度試してみたい…。

 

まとめ:気軽にポッドキャストを始めよう

動画配信も手を出してみましたが、あれもこだわりだしたらキリがないですね。

その点ポッドキャストは音声だけなので、機材もICレコーダーさえあればそれなりにキレイな音が録音できます。

ポッドキャストをやってみたいなぁ〜と思っている方は、気軽に始められるAnchorをやってみてはいかがでしょうか?

アプリだけでここまで出来ますよ!!

普段は別のソフトで編集していますが、Anchorの入ったiPadだけで録音、編集、公開までやった1人喋りを録ってみたので、使い勝手が気になる方は聴いてみてください。

Anchor
無料
(2018.10.03時点)
posted with ポチレバ

励みになりますので、おもしろかったら是非シェアをお願いします!