毎回「思ってたんとちがう」と感じる食べ物TOP3!

どうも、お坊さん大道芸人のとっしゃん(@tossyan753)です。

世の中には見た目に騙される食べ物ってありますよね。

大体は一度食べたらその味にアップデートされるのですが、中には毎回騙されて「思ってたんと違うな〜」と感じるものがあります。

今回はそんな食べ物TOP3を紹介!

こういうのどのぐらい共感されるのか分かりませんが、まぁ騙されたと思って読んで下さい。

第3位:穴子(アナゴ)

まず第3位ですが、穴子です。

↑穴子の寿司

穴子って僕の中ではうなぎと同じ引き出しの中に入っているんですよね。

うなぎとは違うと頭では分かっているのですが、どうしてもイメージがうなぎにひっぱられて、穴子の味を事前にイメージ出来ないんですよ。

回転寿司に行くとうなぎが無ければ穴子を食べれば良いじゃない!みたいな感じで1皿は食べるのですが、毎回うなぎっぽい味をイメージして「ちょっと違う…」となってしまいます。

甘ダレが好きなので、別に良いんですけどね。

あなたは穴子の味を上手にイメージできますか?

まぁ正直この第3位は数合わせというか無理やりひねり出した感じなんですが、次の2個は自信があります!

第2位:豚の角煮

それでは第2位!

ズバリ、豚の角煮です。

↑豚の角煮、おいしそ〜!

居酒屋のメニューに写真が載ってたりすると、ついつい食べたくなります。

そんな豚の角煮ですが、毎回食感に騙されます。

食べる前のイメージは、ホロホロになっている肉が口に入れた瞬間にほぐれて、あっという間に口の中からなくなる感じなんですが、実際に食べると意外と肉の繊維が残るんですよね。

角煮まんとかは特に騙される。

思ったように噛み切れなくて、毎回ちょっと違うんだよな〜となってしまうんですよ。

いや、別にマズイわけではないんですよ。

むしろ好きなんですが、イメージのハードルを超えてこない感じはあります。

でも好き、今後も居酒屋とかで頼んでしまうんでしょうな…。

第1位:マカロン

それではいよいよ第1位!

これはぶっちぎりでマカロンです!!

↑マカロン

こいつは毎回思っている味がしない!!

クッキーのような食感、それもカントリーマアムのようなしっとり系のクッキーを期待しているんですが、食べてみると違うんですよね。

なんというか、空気が多い。

あとサクサクしている部分が薄すぎるのも脳を裏切ってきます。

調べてみると、マカロンは卵白を使ったメレンゲ系のお菓子なんですね。

クッキーとはそもそも生地の成分が違うのか。

まぁマカロンも嫌いなわけではないんですが、正直マカロンに関してはクッキーを毎回期待してしまうので、イメージを外してくる度合いは大きいですね。

たぶん今後も騙されるんだろうなぁ…。

まとめ:どれも好きなのよ、けどね…

というわけで、毎回思ってたんと違うと感じてしまう食べ物TOP3でした!

どれも別に嫌いではなく、むしろ好きです!!

でも、毎回騙される…。

なまじ好きだからよく注文してしまうんですよね。

どれもめったに食べないものだから、あまり脳が味を覚えないのかな?

まぁ特に生活で困るわけではないので良いんですが、こういう食べ物ってありますよね?

共感してもらえたら嬉しいです!

穴子はともかく、角煮とマカロンは騙されると思うんだけどなぁ…。

励みになりますので、おもしろかったら是非シェアをお願いします!