Windows?Mac?何に使うか分からないけどパソコンが欲しい人のための3つの判断ポイント

どうも、お坊さん大道芸人のとっしゃん(@tossyan753)です。

妻のパソコンを新調することになりました。

妻が今使っているパソコンはNECのLaVie2008年モデル、なんとまだWindowsVistaです。

かれこれ8年ほど使っている計算ですね、長すぎ笑

妻は職種が変わる予定なんですが、まだどういう仕事をするのかは未定なんですよ。

そこで新しいパソコンを購入しようと色々調べているんですが、何に使うのか、何をやりたいのか明確なビジョンがないためめちゃくちゃ悩みました。

一応決まりましたが、最終的な結論が出るまで決め手になったポイントを3つ紹介します。

その1:WindowsかMacか

「Windowsがいいのか、Macがいいのか」というのはパソコン購入の最初の壁です。

僕はMacユーザーなのですが、Windowsから切り替わるときはやっぱり少し戸惑いました。

しかし、うちの妻のように何をするのか分からない場合はWindowsの方がいいでしょうね。

これ、新しい大学生にも言えるかもしれません。

新生活は何が必要なのか分かりませんよね。

  • レポートを書くためにOffice系のソフトが必要かも。
  • サークル活動をするなら写真や動画の編集も出来たほうがいいかも。
  • プログラムの勉強もするかも。
  • オンラインゲームもするかも。

多くの新入生がこんな事を考えます。

でも、これらの事ぐらいだったらMacとWindowsどっちでも出来るんです。

↑僕はMacを使っていますが、特に不便は感じていません。

ただ、ここでどっちにしようか迷う段階なのであれば、Windowsの方がいいと思います。

 

 

Windowsは中華鍋、Macはフライパン

調理器具に例えてみると、Windowsは中華鍋、Macはフライパンのような感じです。

何の料理を作るか明確になっていないときに、調理器具を1つ持ってくるならあなたは何を持ってきますか?

僕は中華鍋(Windows)を選びます。

中華鍋は使い方のバリエーションが広いので、見た目を気にしなければたくさんの種類の料理を作れます。

焼く、炒める以外にも、お湯を入れて煮たりも出来ます。

味噌汁やカレーだって作れますよね。

フライパン(Mac)も調理には欠かせませんが、中華鍋のように煮たりする事は少し苦手です。

ただ、中華鍋に比べて取り回しがしやすいですし、フライパンでも充分たくさんの料理を作る事が出来ます。

ホットケーキや目玉焼きなんかはフライパンの方が作りやすいですしね。

WindowsとMacもそんなイメージで考えると分かりやすいですね。

初心者はまず中華鍋で料理の種類を覚える。

それから他の調理器具に手を出せばいいんじゃないでしょうか。

 

その2:スペックはケチらない

次に重要になってくるのがスペック、パソコンの中身ですね。

ここは出来るだけケチらないようにしましょう。

というのも、最近のノートパソコンは値段の幅が広く、安いものだと3万円ほどから売っているんです。

ただし、そういうのは値段相応というか、出先でちょっとメールとかを確認する程度の事しかできません。

1台で色々やろうとする方には不向きなマシンなんです。

サブ機ってやつで、メインで使うマシンには向いていないのでご注意ください。

メインで使うマシンはそれなりのスペックが求められます。

 

クリアしておきたいスペック

今回のパソコンを選ぶに辺り、最低限クリアしておきたいスペックをまとめました。

CPU Core i5以上
メモリ 8GB以上
HDD 512GB以上

 

CPU

CPUはパソコンの頭脳とも言えるところなので、ここが1番大切です。

最低でもCore i5以上は積んでおきたいですね。

現行だと以下のような感じです。

Core i7>Core i5>Core i3>Celeron

左に行くほど優秀ですが、その分お値段も高くなっています。

Corei5以上のパソコンだとメインマシンとしても申し分ない感じですね。

長く使う予定ならCore i7でもいいでしょう。

 

メモリ

メモリはパソコンの作業スペースのような感じです。

机が広いほど作業がし易いですよね。

逆に狭いと作業がしにくい。

これも大きければ大きいほどいいのですが、最低ラインは8GBです。

16GBぐらいあればメインスペックとしては申し分なしだと思います。

メモリは後から増築できるパソコンも多いので、不満が出てきたときに自分で増やすという手もありますね。

ただ最近は設計上パソコンを空けられなくなっている事もあるので、自分が買いたいパソコンは後からメモリが増やせるかどうかは確認しておくといいでしょう。

 

ストレージ

ストレージは記憶容量で、パソコンの引き出しのようなものです。

これも大きいほどたくさんのファイルを収納できます。

写真とかをたくさん撮る方なら512GB以上はあるといいでしょう。

最近はDropboxなどのネット上に保存しておけるオンラインストレージというサービスもたくさんあるので、めちゃくちゃ大容量は必要ないかもしれません。

ストレージは外付けHDDみたいなもので後から付け足すこともできますしね。

こういう製品で後から増やすことも出来るので、ストレージは512GB以上あれば充分色んな事が出来ると思います。

 

その3:持ち運びが出来るか?

最後の判断の基準になったのが持ち運びがしやすいかどうかです。

ノートパソコンって持ち運ぶためのパソコンじゃないの?って思われるかもしれませんが、大きく二つのタイプに分かれるんですよ。

  • あまり外には持ち出さず、家の中ならどこでも自由に使える
  • カバンなどに入れて、常に持ち運ぶ事を想定している

上の場合は、比較的大きな機種が多く、大画面や音が良いなどの付加価値が付いています。

しかし、これからの時代はモバイル性を重視したパソコンの方がいいと考えています。

パソコンで何をするかまだ分からないと状態なら特に軽いほうがいいです。

なぜなら、どこで使うかも分からないからです。

もしかしたら職場や学校に持っていくことになるかもしれませんし、カフェや図書館で作業した方がはかどるなんて事もあるでしょう。

旅行に持っていくことも考えられますね。

日本もWi-Fi環境が整ってきてますし、どこでも作業が出来るパソコンはとても便利です。

経験上、重たいノートパソコンはまず持ち運ばなくなります。

大きさや重さも選ぶ際の重要な指標ですので気にしておくといいですよ。

 

理想のサイズと重量

大きさは大体13インチ〜15インチぐらいの大きさがベストです。

13インチの場合、A4の紙より一回り大きいぐらいのサイズ感になります。

トートバッグやビジネスバッグにも入る大きさで、持ち運びやすいですよ。

僕も13インチのパソコンを使っていますが、充分作業が出来ますし、動画の視聴も画面が小さいなと思うことはないです。

重さは最低2kg以下のものにしましょう。

最近のモバイル特化型は1.5kg前後のものが多いですが、本当にめちゃくちゃ軽いので、持ち運びが苦じゃなくなりますよ。

 

うちはコレに決めました!

妻のパソコンは何にするか、本当に悩みました。

「何をするか分からん、どこで使うかも分からん」というとても困る状況でしたしね。

とにかくなんでも出来るやつにしょうと思い色々とカタログなどを貰って調べまくりました。

その結果選んだのがこちら!

lenovo ThinkPad X1 Yoga2016モデルです。

 

とにかく何でも出来る!

決めてはひとつ、とにかく何でも出来るから!という1点だけです。

スペックもクリア、持ち運びやすい、そして折り返すとタブレットとしても使えます。

筆圧2046段階感知のワコム製のペンも内臓し、お絵かきも出来ます!

「パソコンが欲しいけど、何をするのかわからん」という方にはかなりイイのではないでしょうか?

お値段もメーカー公式サイトからクーポンを使えば42%offとかになりますしね。

ちょっとお高めかもしれませんが、あらゆるシーンで使えるパソコンだと思いますよ。

また家に届いたらレビューしようと思います。

 

まとめ

パソコン欲しいけど、どう使うか分からないって方は多いと思います。

そういう時は、Windowsのスペックがそこそこいいやつを選んでおくと間違いないです。

持ち運ばないのは分かっているのであれば大きいサイズのノートパソコンを買うのもいいですけどね。

パソコンがあればブログを書いたり、生産的な活動もできるようになります。

自分なりの1台を選んで、活用してみてください!

この記事が気に入ったら是非シェアしてください!