デジタルスタンプが面白そう。お店だけじゃなく地域イベントでも使えそうですね!

どうも、お坊さん大道芸人のとっしゃん(@tossyan753)です。

最近はまた面白そうなデジタルアイテムが出てきていますね。

その名もデジタルスタンプ

普通のスタンプみたいなものをポンとスマホにタッチするだけでスタンプを押したみたいになる優れもの。

これ、面白そうですぞ!

デジタルスタンプとは

スマホの画面に専用のスタンプデバイスをタッチすることでスタンプが押せるサービスの総称がデジタルスタンプです。

紙のスタンプラリーやポイントカードがスマホ上で出来るようになるってアイテムですね。

詳しくはこちらの動画を御覧ください。

スマホに四角いスタンプでポンとタッチすると、スタンプがどんどん押せて、全部溜まると景品が当たるスロットが回せるようになりました。

他にも、ポイントが一定数溜まるとクーポンが発行出来たり、スクラッチも作れるようになるみたいですね。

このデジタルスタンプ、お店でバンバン導入して欲しいです。

 

スタンプカードはかさばる、無くす、忘れる!

どこのお店でもスタンプやポイントが溜まるカードがあるのですが、あれってほんと財布を圧迫するんですよね。

Tカードみたいにどこでも使えるみたいなカードに統一してくれないかとずっと思っているんですが、なかなかそうはなりませんね。

もう僕はよく行くお店以外はカードを作らなくなってきました。

一度作ったカードも、どこかに無くして財布をゴソゴソ探したり、時には家に忘れてたり。

ほんとスマホで完結しないかなと思ってたんですよね。

 

お店はデジタルスタンプを導入して

スタンプカードのかさばる、無くす、忘れるを解決してくれそうなのがデジタルスタンプです。

こんな感じでスマホにポンと押すだけでスタンプが溜まっていくんです。

↑スマホにスタンプを押すだけで使える

この写真は子供の積み木を当ててるだけですが、ほんとこんな感じで簡単に使えるんですよ。

スタンプカードを作っているお店はほんと早くデジタルスタンプを導入して欲しい

スマホはいつでも持ち歩いているので忘れる事がないですし、スマホの中だけならカードが溜まってかさばるなんて事にもなりません。

ユーザー側からすると、めちゃくちゃメリットがありますよね。

 

お店もデータが取れる

デジタルスタンプはお店側もメリットがあります。

いつ、どこでスタンプを押したのかというデータが取れるんですよ。

なので、どのぐらいの頻度で来店しているか?とかクーポンはどのぐらいの利用率なのか?みたいな事がデータで分かるので、マーケティングにも使えますよね。

ユーザー側はスマホだけで完結し、お店はスタンプを使う事で紙媒体のスタンプカードより正確なデータが取れる。

これ双方にメリットがあるんです。

 

デジタルスタンプラリーも面白そう

もうひとつ面白そうなのがスタンプラリーですね。

スマホを使うので、紙媒体と違って好きなだけ情報を載せられます。

お店のスタンプラリーならお店の地図だけではなくホームページなんかも載せられますし。地域のスタンプラリーならその場所の案内動画を流すことも出来ます。

デジタルを上手に活かして、来て欲しいユーザーを案内するリコメンド型スタンプラリーなんてのも出来るみたいです。

外部リンク:業界初?!レコメンド型デジタルスタンプラリーって一体何?

地域のイベントとしても新しくて面白そうですし、アイディア次第ですごく良いイベントが出来そうな気がします。

 

まとめ

今回はデジタルなのかアナログなのかよく分からないけど凄そうなアイテム、デジタルスタンプについて紹介しました。

まだまだ店舗の導入事例やイベントで使っているところも少ないみたいですが、これは面白いアイテムだと思うんですよね。

個人的にも名刺代わりに欲しい一品なんですが、まだ個人向けデジタルスタンプはないようで…。

店舗やイベント企画で気になる方は是非導入してみてください!

いくつか販売リンク貼っておきます。

デジスタ

HiTAP

Digishot

これ、ほんと面白そうなんだよなぁ。

この記事が気に入ったら是非シェアしてください!